岡山の隠れた銘菓「調布」を実食レビュー【岡山土産】

岡山土産と聞いて、一番に思い浮かぶ物と言えば「きびだんご」ですよね。

「岡山の土産で”きびだんご”以外になんかあるの?」

県外から岡山に来られた方から良く質問を受けます。

そんな時にオススメしているのが、今回紹介する「調布」なんです。

「きびだんご」に比べるとマイナーな存在ですが、岡山のお土産に最適な和菓子です。

目次

岡山の銘菓「調布」とは?

調布 パッケージ

写真の「調布」は、「きびだんご」で有名な「廣榮堂」のもの。

全国的にはマイナーな存在ですが、岡山では「きびだんご」「大手まんじゅう」に次ぐ、定番の和菓子です。

調布 パッケージ 原材料

パッケージにも書かれていますが、「京都御所近くで菓子屋を営んでいた、倉敷生まれの間野与平氏が江戸時代末期に創作したお菓子」だそう。

「調布」は江戸時代から親しまれている、歴史のある岡山の銘菓ですね。

モチモチで優しい甘みの求肥(ぎゅうひ)を、卵をタップリ使ったカステラ生地の薄皮が包んでいます。

「調布」は多くのメーカーから製造販売されている

岡山には「調布」を製造販売しているメーカーが、いくつかあります。

一番有名なのは岡山市北区表町にある、明治22年創業「翁軒(おきなけん)」です。

「調布」の主な製造販売メーカー

  • 翁軒
  • 廣榮堂本店
  • 広栄堂武田
  • 中山昇陽堂
  • 山脇山月堂

「廣榮堂」をはじめ、”きびだんご”を製造販売する有名メーカーは、ほとんど「調布」の製造販売をされています。

岡山銘菓「調布」を実食レビュー

岡山土産 調布

今回紹介するのは「廣榮堂」の調布です。

調布 和菓子

カステラ生地の中に、求肥(ぎゅうひ)が入ってます。

調布 求肥

“きびだんご”も求肥(ぎゅうひ)なので、分かりやすく言うと、カステラ生地で”きびだんご”を包んだような和菓子。

甘すぎずフワッと優しい食感のカステラ生地と、モチモチの求肥(ぎゅうひ)が相性抜群!

シンプルながら、ちょっと上品さを感じますよ。

岡山銘菓「調布」のレビュー・感想まとめ

知名度は「きびだんご」や「大手まんぢゅう」と比べると低いですが、だからこそ岡山のお土産としてオススメです!

歴史も味も、岡山が誇れる和菓子の1つ。

優しさを感じる味わいは、子供から大人まで喜んでもらえること間違いなしです。

▼岡山土産の定番”きびだんご”の食べ比べ記事もどうぞ!

https://yomegasuki.com/kibidango

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次