岡山観光・レジャー

日本三名園「岡山後楽園」の観光レポート!名物グルメや桃ボートなど魅力満載!

この記事では岡山を代表する観光スポットの1つ、「岡山後楽園」の魅力を紹介します。

  • 「後楽園って、若い人でも楽しめるの?」
  • 「景色が良いだけで何もないんじゃないの?」

そんな風に思ってる方のために、景観の良さだけじゃない「岡山後楽園の魅力」をお伝えしていきます。

「岡山後楽園」は若い世代でも楽しめる観光スポット

岡山後楽園 景観

「岡山後楽園」は、「水戸市の偕楽園・金沢市の兼六園」と合わせ、日本三名園の1つ。

日本三名園というのは「優れた景勝を持つ日本庭園」のことで、これだけ聞くと

  • 「若い人には面白くなさそう」
  • 「景観が良いだけだと、わざわざ行くほどでもないかな」

と思われるかもしれません。(実際に僕も思ってました)

ところが「岡山後楽園」は小さなお子さんがいる家族や、若い世代の恋人・友人での観光にもオススメのスポットなんです!

もちろん江戸時代から続く景観の良さも魅力的ですが、それは「岡山後楽園」の魅力のほんの一部。

桃ボートで水上散歩を楽しんだり、岡山名物の美味しいご当地グルメを楽しんだり…。

スグ隣にある「岡山城」と合わせて観光する事で、さらに岡山を満喫することができますよ!

「岡山後楽園」の場所・アクセス・駐車場

岡山後楽園は「JR岡山駅」から、徒歩で20〜25分ほど。
岡山駅から路面電車を利用の場合は、最寄りの「城下」電停から徒歩10分ほどです。

駐車場

岡山後楽園 駐車場

車でのアクセスの場合、隣接する駐車場を利用するのが一番オススメです。

「普通車570台、バス10台」と、かなり大型の駐車場が用意されていて「普通車:100円/1時間」で利用できます。

岡山後楽園 駐車場

幻想庭園など人気のイベント時でも、ほぼ駐車場に困ることはない感じだと思います。

「岡山後楽園」の入場料金・営業時間など

岡山後楽園 入り口
施設名 岡山後楽園
住所 岡山県岡山市北区後楽園1-5
電話番号 086-272-1148
入場料金 大人400円、65歳以上140円
※高校生以下は入園無料です。(2020年3月31日まで)
高校生の方は、生徒手帳等証明できるもののご提示が必要です。
営業時間 3月20日~9月30日:7:30~18:00
10月1日~3月19日:8:00~17:00
(入園は15分前まで)
定休日 無休

岡山後楽園を訪問するなら、スグ隣にある岡山城とセットで観光するのがオススメ!

岡山後楽園&岡山城の共通券を買うのがお得ですよ。

岡山後楽園&岡山城共通券
岡山後楽園&岡山城共通券 大人520円
※高校生以下は入園無料です。(2020年3月31日まで)
高校生の方は、生徒手帳等証明できるもののご提示が必要です。
お城パフェに備前焼体験!岡山城の見所・魅力体験レポート【岡山観光】岡山を代表する観光スポットであり、岡山のシンボル的存在の岡山城。 「お城には、あまり興味がない…」 「歴史は良く分からな...

「岡山後楽園」の見所・魅力を紹介

それでは、岡山後楽園の見所・魅力を紹介していきますね!

新名所「桃ボート」が楽しすぎる!

碧水園 桃ボート

2018年10月より、岡山城脇を流れる旭川に「桃ボート」が登場しました。

”岡山城”と”後楽園”の間を流れる旭川を、桃の形をしたボートで水上散歩が出来るんです。

桃ボートは後楽園の南門のすぐ近くにある、「Café&Restaurant&Boating碧水園(へきすいえん)」で乗ることが出来ます。

ちなみに「桃ボート」は、岡山後楽園に入場することなく利用できます。

桃ボートから見上げる岡山城

旭川から見上げる”岡山城”の雄大な姿は圧巻!

子どもから大人まで楽しめる、岡山の新名所です。

【後楽園】桃ボートに乗ってどんぶらこ〜|旭川から見上げる岡山城が絶景!岡山県を代表する観光スポットといえば、やっぱり岡山城&岡山後楽園ですね。 2018年10月、岡山城脇を流れる旭川に「桃ボー...

美味しい名物グルメも

碧水園(へきすいえん)

碧水園(へきすいえん) 烏城カレーセット

先に紹介した「桃ボート」の運営もされている碧水園では、岡山の名物グルメをいただけるレストランも。

写真は岡山城(別名:烏城)をモチーフにした、「烏城カレー」です。

碧水園(へきすいえん)から見える岡山城

店内からは旭川越しに岡山城を眺めることもでき、その景観の良さも人気の理由。

碧水園(へきすいえん) 揚げたてきびだんご

さらに岡山のお土産の定番「きびだんご」を揚げた、「揚げきびだんご」のもあり、観光客の方からも人気が高いんですよ!

【後楽園】碧水園(へきすいえん)|岡山城の雄大な景観&烏城カレーで岡山観光を満喫岡山市北区にある、「碧水園(へきすいえん)」に行ってきました。 後楽園・岡山城からもスグの好立地で、岡山ならではのグルメがいただけ...

城見茶屋

城見茶屋 天麩羅うどん

碧水園のスグお隣にある「城見茶屋」も、岡山城の景観を楽しめるお食事処。

城見茶屋 天麩羅うどん 天麩羅

岡山の食材にこだわった料理がいただけるお店で、イチオシは「地物旬物 天麩羅うどん」です。

こちらの「城見茶屋」も、後楽園に入場することなく利用できるお店です。

【岡山後楽園】城見茶屋(しろみぢゃや)|岡山城の景観と岡山の食材にこだわった料理を楽しむ岡山後楽園にある、「城見茶屋」に行ってきました。 「城見茶屋」は岡山産の食材、旬の食材にこだわった料理がいただけるお店です。 ...

福田茶屋

岡山後楽園 福田茶屋 抹茶ビール(おつまみセット)

「福田茶屋」は岡山後楽園の中にある、人気の甘味処。

季節によってメニューは異なりますが、お抹茶や季節のフルーツを使った甘味が大人気!

岡山後楽園 福田茶屋 抹茶パフェ

後楽園の景観を一望できるロケーションで、ゆったりとした時間を過ごすのは贅沢ですよ(^^)

【岡山後楽園】福田茶屋|後楽園を一望できる茶屋の抹茶パフェ&抹茶ビールをレビュー岡山後楽園の中にある、「福田茶屋」に行ってきました。 後楽園の素敵な景観をながめながら、ゆったりとくつろげる人気の茶屋。 今...

さざなみ茶屋

岡山後楽園 さざなみ茶屋 漣波の間

さざなみ茶屋も後楽園の中にある、人気の甘味処。

「漣波の間(さざなみのま)」という、額縁的風景が楽しめる円窓の茶室があるのも、さざなみ茶屋の魅力の1つ。

岡山後楽園 さざなみ茶屋 きびだんご付き抹茶セット

福田茶屋と比べると、より静かで大人な景観が楽しめます。

【岡山後楽園】さざなみ茶屋|静かで上品な景観と岡山銘菓で後楽園を満喫岡山後楽園の中にある、「さざなみ茶屋」に行ってきました。 後楽園内で獲れた青梅を使った「梅ジャムソフト」や、岡山銘菓の「きびだんご...

風情ある園内の景観

岡山後楽園

「岡山後楽園」といえば景観の良さも、絶対に外せないポイント!

いくつかオススメの場所を紹介しますね(^^)

上の写真にある小高い丘は「唯心山(ゆいしんざん)」と呼ばれ、その頂上から後楽園の景観を一望できます。

岡山後楽園 景観

後楽園の中でも景観の良さは随一!

お子さんも喜ぶポイントなので、家族連れの方はぜひ「唯心山(ゆいしんざん)」に登ってくださいね(^^)

岡山後楽園

こちらは「流店(りゅうてん)」と呼ばれ、藩主の庭廻りや賓客の接待などで休憩所として使われていた建物。

岡山後楽園

中央に水路が通った建物は、全国的にも珍しいそう。

足湯ではないので、注意してくださいね(笑)

岡山後楽園 景観

どこを見ても素敵な景観なので、ゆったりと散策しながら、記念写真などの撮影ポイントを見つけるのも良いですね。

岡山後楽園 景観

ゆったりと時間が流れるような、この景観は他ではなかなか味わえない「岡山後楽園」ならではの魅力です。

岡山後楽園 景観

なんでもない通路すら、趣を感じることが出来ます。

岡山後楽園 景観

鯉もたくさんいてエサやりも出来るので、子供達に大人気(^^)

他にも素敵なスポットが満載なので、ぜひご自身の足で探して見てください。

幻想庭園などイベントも

岡山後楽園 幻想庭園

岡山後楽園の大人気イベントが、「幻想庭園」です。

園内がライトアップされ、昼間とは違った幻想的な雰囲気を楽しむことが出来ます。

イベントの開催時期などは、幻想庭園公式サイトで確認してください。

デートにも超オススメのイベントなので、予定が合う方には絶対オススメ!

岡山城と合わせて観光することで楽しさ倍増!

岡山後楽園に隣接する「岡山城」と合わせて観光する事で、さらに楽しい体験がたくさん出来ます!

岡山城では「備前焼の手作り体験」や「着付け体験」などもあるので、岡山での思い出作りにオススメです。

お城パフェに備前焼体験!岡山城の見所・魅力体験レポート【岡山観光】岡山を代表する観光スポットであり、岡山のシンボル的存在の岡山城。 「お城には、あまり興味がない…」 「歴史は良く分からな...

「岡山後楽園」のレビュー・感想まとめ

岡山観光の超定番スポット「岡山後楽園」は、大人も子供も楽しめるオススメのスポットという事がお分かりいただけたかと思います。

幻想庭園などデートにも最適なイベントもあり、幅広いシーンで満足度の高い時間を過ごすことが出来ますよ!

岡山を訪問する機会があれば、ぜひ「岡山後楽園」に足を運んでみてください。

お城パフェに備前焼体験!岡山城の見所・魅力体験レポート【岡山観光】岡山を代表する観光スポットであり、岡山のシンボル的存在の岡山城。 「お城には、あまり興味がない…」 「歴史は良く分からな...