暮らし・生活

歯周病予防にはコンクールの歯磨きジェルがオススメ

主夫ブロガーの、ヨメガスキーです!

正直、コンクールを使う前は、歯磨き粉なんてドラッグストアの特売で十分と思ってました。

歯茎からの出血をキッカケに、口腔内のケアに気を付けてる僕がオススメするのが『コンクール ジェルコート』です。

正確には歯磨き粉じゃなくて、歯磨きジェルなんですけどね!

歯医者さんに勧められた『コンクール』の歯磨きジェル

奥歯から出血があって歯医者さんに行った時に勧められたのが、『コンクール』の歯磨きジェル。

それまでは『クリ◯クリーン』とか、その時の特売の歯磨き粉を適当に使ってました。

ドラッグストアに行っても、種類がたくさんありすぎて、どれを選べば良いのかも良く分からない。

せっかく歯医者さんに行った機会に、プロの勧める歯磨き粉を聞いてみたんです。

『コンクール』歯磨きジェルの良い所

実際に『コンクール』を使い出して良かった事が2つあります。

泡立たないから丁寧なブラッシングが出来る

1つ目が泡立たないので、『丁寧なブラッシング』が出来ること。

今まで使ってた歯磨き粉って、ブラッシングしてるとブクブク泡立ってました。

それが普通だと思ってたし、コンクールを初めて使った時には違和感がありました。

でも、その『泡立たない事』が重要なんです。

泡立ちが良いと、『磨けたつもり』になってしまう。

コンクールに変えて気付いたのが、泡があると『磨けた所と、磨けてない所が分かりにくい』ってこと。

コンクールは泡だ立たないジェルなので、しっかりブラッシングする事を意識できます。

ミント感が弱めで、子供でも使いやすい

市販の歯磨き粉って、けっこうミント感が強い物が多い。

ミント感が強いと、清涼感があるので『磨けたつもり』になってしまいます。

コンクールはミント感が少ないので、これも『丁寧なブラッシング』につながります。

ミント感が強くないので、子供も使えるのも良いですね。

コンクールを使うようになって、歯槽膿漏が改善した

歯医者さんでの治療と合わせてですけど、コンクールを使うようになって歯槽膿漏が改善しました。

やっぱり一番影響があるのが、『丁寧なブラッシング』がシッカリ出来るようになったこと。

普段のケアが良くなった事を、歯医者さんにも褒められました!

ブラッシングが大切なので、歯ブラシも歯医者さんのオススメの物を使うようにしてます。

奥歯までキレイに磨ける歯ブラシは『ルシェロ ピセラ』がオススメ主夫ブロガーの、ヨメガスキーです! 奥歯がキレイに磨ける歯ブラシ『ルシェロ ピセラ』を紹介します。 僕は上下4本とも親知らず...

歯槽膿漏の時は、常に口の中が気持ち悪い味がしてました。

自分も他人も不快なんで、オーラルケアは本当に大切だと痛感。

まとめ

とにかく歯周病や虫歯の対策で大切なのは、『丁寧なブラッシング』という事。

ミントの清涼感や泡立ちの良さで誤魔化すのは、正しいケアの邪魔になります。

正しいケアが出来る『コンクール ジェルコート』で、家族みんなのオーラルケアをオススメします。

同じコンクールのマウスウォッシュも、日頃のケアに取り入れてます。
舌苔と口臭が減ったのを実感してます。